美白になれる美容液が誕生|憧れの肌になれる

メラニンが作られなくなる

鏡を見る女性

生成工程を妨害

美白美容液は白い肌を目指すだけではなく、シミやソバカスといったメラニンの生成によるトラブルを防ぐものです。主な美白成分として、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)やリン酸アスコルビルMg(APM)といったビタミンC誘導体があります。その他にもあるブチンにプラセンタエキス、トラネキサム酸などがあります。また、もっと強いハイドロキノンという成分もあります。これは敏感肌や乾燥肌といったトラブルがなく、強い刺激に耐えられる人が使える美白成分です。美容液にこれらの成分が含まれていれば、シミやソバカスを防げるものと考えて大丈夫です。薬用とされているものがありますが、これは厚生労働省から認められている美白成分を含み、美白の効果を表してもいいとされている医薬部外品の化粧品です。メラニン色素は紫外線が皮膚の奥まで侵入するのを防ぐために作られる物質です。紫外線を皮膚が浴びると、その情報を伝える物質がメラニンを作る細胞、メラノサイトにメラニンを作るように指示します。そして酵素の働きによりメラニンが作成されます。この工程を防ぐことができるのがメラニン抑制効果のある薬用美白化粧品です。情報伝達をする物質が働くのを阻止したり、メラニンが生成されるさいに使われるチロシナーゼという酵素の働きをなくしてくれます。どちらか一方の働きがあると、それは薬用美白美容液として認められます。紫外線対策としてUVケアをしたうえでこの美容液を使えば、シミやソバカスが今以上に広がるということがなくなります。